2012年03月の記事一覧

2012年03月29日 ---- シリ男

空の曲

sirio-cry

どこまで本気なのかなあ・・?ボスが突然「エアロのイメージのCDを作る」と言い出したのです。その前にすでに「おやじのぼやき」や「セクシージョーク」を本にすることを発注したようです。まあボスなりの戦術、勝算があっての行動なのでしょうが、ときどきボスは我ら常人の感覚とかけ離れたことをおっぱじめます。(結構、迷惑かけられている人いますよね。ボスに代わってゴメンナサイ。謝ります。)

で、「エアロのイメージのCD」⇒「空をテーマの曲」を探さなければならないのですよ。そして、ボスが「これは外せない!」と言ったのが『この空を飛べたら』『フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン』『フラジャイル』『春が呼んでるよ』です。誰か素敵な空の曲を教えてください!! ・・・・で、『春が呼んでるよ』なんて曲、みなさん知っているのでしょうか?? 

コメント (0)

2012年03月27日 ---- サイトからのお知らせ

山っ気・虚業・M資金

boss-5

バブル華やかなりし頃、私も政治家の事務所を訪問する機会が多かった。大物と言われる政治家は決まって下品な取り巻きが多かった。彼らの回りには成り金会社の山っ気たっぷりの頭の悪そうな社長やいかにも狡賢い目つきの悪い虚業家や或いは得体の知れないM資金のような話を持ってくる輩が多かった。M資金のような話には必ずハデな女性がうろちょろしていた。◆バブルが崩壊しても建設業界と航空業界にはその手の話、その手の人物が残った。うちのようなヘリポート「建設」と「航空機」販売の会社にはいつもそちらの方面から甘いささやきがある。◆私は虚業家が嫌い。人のカネを動かして、人にリスクを負わせて自分は儲けようとする人たちを軽蔑する。そのような話に引っかかり苦労している人を何人も知っている。バブルで景気が良くても、今のように不景気が続いても、その手の人間は社会にウヨウヨいる。気を付けたい。

... 続きを読む

コメント (0)

2012年03月21日 ---- シリ男

羽田空港ターミナル

sirio-1

出張でよく羽田空港を利用します。僕はANAを利用することが多く一応「プラチナメンバー」なのです。プラチナカードを持つとANAラウンジを利用できます。ここではコーヒーやジュースはもとより、ビールをはじめとするアルコール各種飲み放題なのです。めずらしいところでは青汁も飲み放題です。でも私の場合、仕事での出張ですからまずアルコールを飲むことはありません。青汁もまずくて嫌いです。結局、オレンジジュースを飲んでパソコンチェックして時間をつぶします。・・・羽田空港第2ターミナルにはこのANAラウンジのほかにも航空会社とは関係ない「エアポートラウンジ」というのがあります。実はこちらの方が居心地が良いのをみなさん知らないようです。少なくとも僕は「ANAラウンジ」よりも「エアポートラウンジ」の方がはるかに好き。ここにはすごくおいしいベーグルがあるのです。もちろん無料。2種類のベーグルを専用のレンジでチンして特性クリームチーズを付けて食べるのです。このクリームチーズも3種類。最高です。「ANAラウンジ」がそこそこ込んでいても大抵「エアポートラウンジ」はすいています。みなさん一度試してみてください。きっと「なるほど。シリ男さんの言うとおり」と納得してもらえるでしょう。

... 続きを読む

コメント (0)

2012年03月16日 ---- シリ男

新しい仲間

sirio-1

今日、またエアロに新しい社員が入ってきました。韓国の方です。安(アン)さんです。エアロがアジア進出するための切り込み隊長になってもらうとのことです。カラダはガッチリとして喧嘩なんか強そうですがとても温和な印象の好青年です。日本に来て10年弱のようですが、もちろん日本語ペラペラ。読み書きも一般的な日本人レベルよりも上のようです。すごいなあ。もちろん我々は大歓迎。また一人仲間が増えて楽しくなります。・・・・これを読まれた方、ぜひ早いうちに当社に遊びに来て、安君と名刺交換でもしてくださいね。

コメント (0)

2012年03月14日 ---- ボス

森ビル 森会長の逝去を悼む

boss-3

森ビルの森稔会長が亡くなった。不動産業界に於いて偉大な賢人であったが彼の航空に賭ける思い入れもすごかった。将来の街づくり、都市づくりに関する意欲、理想、挑戦はいつも私をウキウキさせた。アークヒルズの屋上と成田空港をヘリコプターで移動するサービスを始めたのも森会長の理想、意欲、挑戦があったから。何度かお会いして話をしたが壮大なスケールで20年、30年先を思い描き事業を進めていることを知り、こちらも興奮した。「アークヒルズ~成田空港のヘリ事業はそこだけを見れば明らかに赤字ですよ。でもね、このサービスを続けることによって日本の、東京の、そして六本木エリアのステータスが上がるんですよ。・・」と熱く語ってくれた。カリスマ的ワンマンオーナーであるために回りは振り回され「ご機嫌取り」に終始する部下が多かったのも事実のようだが、そのマイナスを差し引いても日本を代表する優れた経営者・指導者であったことは間違いない。できれば一度、一緒に仕事をしてみたかった。・・・・日本からまた一つ素晴らしい頭脳が消えた。残念。合掌。

... 続きを読む

コメント (0)

2012年03月08日 ---- ボス

うるさい搭乗待合

boss-5

出張の羽田空港。昨日の飲み過ぎのせいか、間違えて予定より1時間以上も早く搭乗口にきてしまった。読書をしながら時間つぶしをしようとしたが回りがとてもうるさい。待合所の座席はまだ十分すいているのだから隣り合わせで座ればよいものを前後に座って、前の席の男が後ろの席の上司に大きな声で他社の悪口を言っている。上司も注意しない。反対側の席では携帯電話で、これまた大きな声で仕事の指示をだしている。「そんな大きな声でなくても聞こえるでしょ。」と言いたかった。分別盛りの社会人がこれでは彼らの子供達はさらにマナーなど気にしなくなる。

コメント (0)

2012年03月06日 ---- ボス

独身と既婚、どちらが幸せ?

boss-b

少し偉くなったと間違われているのか、或いは単にそれ相応の年齢になったせいなのか・・・。最近、いろんな方から「人生相談」のような話を聞いてくれと頼まれる。「悩み多きはこっちの方ですよ」とあっさり断るわけにもいかず、つい親身に話を聞いてしまう。人生って本当に複雑、難しいと思う。あまり幸せそうな人もいない。(人に「人生相談」するくらいだから「幸せそう」に見えないのも当然か)

一方、とても幸せそうで元気なのが家庭を持っていない独身女性。ある程度の収入を持つ独身女性は実に元気。悩みがなく夢がある。私と同級生(現在54歳・・失礼)の大学の英語講師はただ今米国のメーン州に留学中だがとにかく充実した毎日を送っていてとても幸せ、とのメールがときどき届く。彼女に限らない。少なくとも私が交流を続ける50歳代独身女性はみな幸せそう。一方、50歳代既婚女性はみな疲れている。自分の幸せを捨て子供の教育に必死な母親。主人の浮気に開き直り酒ばかり飲んでいるオバサン。・・・・40歳代前半までは家庭を持っている女性の方が幸せそうに見えていたが、今は独身女性の方がずっと幸せそう。こんなことではさらに少子化は進んでしまう、と危惧するばかり。

... 続きを読む

コメント (0)

2012年03月05日 ---- ティー子

結婚式

tko-a

先日友人の結婚式に行ったのですが、最近ブーケを素直に受け取れない自分がいることに気付きます。確か去年の夏頃の友人の結婚式でも、ブーケが近くに飛んできたのですが、なんとなく腕を引いてしまう私。今までずいぶん沢山の人のブーケをいただいたにも関わらず、結婚できていない罪悪感なのか、それとももっとたくさんの人にブーケをもらう喜びを味わってほしいと思うあまり要らない親切心なのか・・・。とにかく最近はブーケトスで気持ちが踊る瞬間はありません。プレッシャーなのかしら・・・(笑)

コメント (0)

2012年03月05日 ---- ボス

宝塚

boss-c

昨日、友人と(オジサン二人で)宝塚花組公演「復活」を観てきた。素晴らしい。歌も踊りも素晴らしい。華やかできらびやかで、日常のストレスを忘れさせてくれる。宝塚はここ1年間で3回目だが個人的には今回が一番好き。お勧め!・・・歌、踊りはもちろんだが、劣らず感動するのはあの舞台デザインと舞台装置。そしてそれらを駆使した演出。どうすれば観客が感動してくれるのか、喜んでくれるのか、飽きずに足を運んでくれるのか。考えに考えられた結果の舞台。緻密な計算とデザイン。学ぶことも多い。宝塚未経験のオジサマ族にも是非一度足を運ぶことを勧めたい。テレビや映画では伝わらない感動がそこにある。

コメント (0)

2012年03月04日 ---- ボス

博物館

boss-b

遅ればせながら初めて墨田区にある「江戸東京博物館」に行ってきた。それなりの面白い。が、心に「ぐさっ」と来ない。博物館と美術館の違いは大きい。「箱根彫刻の森美術館」は心に「ぐさっ」と来る展示物が多数ある。何度いっても飽きない。一方、これまで博物館で「感動」したことがない。大英博物館ですら・・・。もっとも、そもそも博物館は単なる「資料館」であり「感動するような芸術」を展示する場ではないのだろうか?  人は美術館で感動し、博物館で勉強するのだろうか? あるいは「美術館で感動し、博物館では感動しない」私の方が少数派なのだろうか?

コメント (0)

2012年03月02日 ---- ボス

不安

boss-b

不安におびえる日々である。リーダーが不安を感じ、それを部下たちに悟られては士気に影響するのでなるべく接触を避けるようにしている。会社では社長、家庭では父、同窓会では幹事、飲み屋では飲んだくれ。弱さ、寂しさ、心細さ、不安感を表面に出すことを許される場がない。「仕事も順調、家庭も平和。これで不満があるならそれを『贅沢』と呼ぶのよ」となんでも相談できるバーのママの言葉。・・・「違うんだな・・」

今日は少し、素直な自分を見せてみました。

コメント (0)

2018年11月16日 ボスの
スケジュール
  • 午前机回り整理
  • 午後「新ヘリポートの造り方」執筆
  • 夕方協力会社との安全集会
2012年3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
« 2月   4月 »

カテゴリーリスト