2012年05月の記事一覧

2012年05月29日 ---- シリ男

野田さんとセッション??

sirio-1

「野田さんが自分のブログで頑張っているのだから応援してやろうよ。」とボスが言いました。「ええ、応援しています。」と私。「アホッ、ブログとブログで具体的に応援しろよ」とボス。「はあっ?どういうことなんすか?なんで叱られるの?わけワカメ!」と、これは心の中でつぶやいていました。するとボスが「野田さんが映画のこと書いてるだろ。そういう話題でセッションするとか・・」となおさら、わけワカメなお言葉。・・・しばらくボスと話してようやく分かりました。「野田さんのブログとたとえば映画の話題などでキャッチボールみたくしろ」ってことみたいです。そう言ってくれればいいのに・・・。でも確かに面白そう。・・・それにしても「セッションする」なんて言います?みなさん。
で、僕はおいてまずボスにこれまで観た中で好きな映画ベスト3を上げてもらいました。①「サウンドオブミュージック」 ②「シェルブールの雨傘」 ③「ライフイズビューティフル」という回答がすぐに返ってきました。・・・どうもボスがそういうことを言いたかったみたいです。可愛げないですよね。で、続いてボスが「好きな女優とかもいいなあ」と言い出したのでキリがないので「女優・男優は野田さんとセッションスタートしてからまた聞きます」と逃げました。
みなさんのこれまで観た好きな映画も教えてください。
投稿してくださいね。

... 続きを読む

コメント (0)

2012年05月29日 ---- ティー子

お天気

tko-c

ずいぶん久しぶりな感じでごめんなさい。ゴールデンウィーク明けから、なんだかバタバタしちゃって・・・。
それにしても、最近変な天気が続いてますね。晴れて暑いと思うと、突然落雷やひょうがあったり、突風が吹いたり・・・。昨日はきれいな虹まで出ていたようで、きっと一息入れていれば、会社の廊下からスカイツリー越しに大きな虹が見えたんだろうな!って、昨日テレビを見て残念に思いました。(;。;)
でも、どうやら今日も寒気がやってきて、また突然の雨、落雷、雹が降るかもしれないんですって!夕方から夜にかけてみたいなので、虹までは見られないかもしれないですが、みなさん今日も気を付けてくださいね☆

コメント (0)

2012年05月28日 ---- 天吾

生活保護

aomame-5

高額所得者である漫才師の母親が生活保護を受けていたという事件がマスコミを賑わしていますね。私の大嫌いな「大阪のおばちゃん」らしい事件です。下品ですよね。◆一部のマスコミは「最低賃金」と「生活保護」の矛盾をまた訴えています。まじめに最低賃金をもらいながら働くより働かずに生活保護を受けるほうが手取りが多いのです。それもかなり大きな差が生じています。まさに「正直者がバカを見る社会」になっているのですよね。◆支給する役所の方は今回の事件の原因を問われると「強制力がない」だとか「担当者が少ない」とか言っています。事実でしょう。でもこのような状態を放置していていいわけありません。こんなことができるのだったら私だって両親に生活保護を申請させます。◆国民総背番号制度と言う考え方があります。「マイナンバー制度」という名前がつきました。やっと国会でも議論が始まっています。しかしこの議論がなかなか進まないのです。例によって自民党は重箱の隅をつつくような小さなことばかり上げて素直に賛成を示さないのです。あるいは他の野党はプライバシーの保護などと言って進ませません。◆どう考えたって、まともな、冷静な、識見ある者たちはこの制度を早く入れるべきだと思っているでしょう。ところがこれを導入されたくない某政治家のように裏金をため込んでいる連中は表向きは「プライバシーの保護が不完全」などと品の良い理由を見つけてはなかなか議論を前に進めないのです。マスコミと政治家が小賢く、小ずるく、そして下品だと国民がみな「大阪のおばちゃん」のように品がなくなってしまいますよ。
・・・・・・※実はボスから先ほど「この表現はあまりにも『大阪のおばちゃん』」を敵に回すのではないですか?大阪にも品の良い人は大勢いますよ」と言われました。どうしましょう?と聞かれたのですが 「できればそのまま載っけたいのですが」と言いますと「どうぞ」と言われました。





... 続きを読む

コメント (0)

2012年05月25日 ---- ボス

老い

boss-5

もちろん「老い」は誰にでも来るものであることは知っていた。知っていたが老いた母を前にするとやはり寂しい。そして悲しい。33歳で夫を交通事故で失い、女手ひとつで私と姉を育ててくれた母の傘寿の祝いに帰省している。◆帰省する度に母は老いていく。カラダが老いるのみでなくアタマも老いていく。同じ話を何度も何度も繰り返す。漫才のような堂々巡りの話。話始めの話題に戻りまた繰り返す。こちらは優しく哀しく同じ話を聞いている。◆そろそろ施設に入ってもらわなければ、と思うがなかなか切り出しにくい。思い切って話題にしようとしてもプライド高い母は即座に「嫌よ!」と否定する。この時だけ、まだまだ元気。◆なんとも難しい。「母さん、ここまでありがとう。」となかなか面と向かっていえない。・・・ありがとう。

コメント (0)

2012年05月21日 ---- サイトからのお知らせ

住民投票

boss-2

鳥取市で市庁舎の建て替えをめぐって住民投票が行われた。「移転新築」か「耐震改修工事」かを争うもの。案の定、「耐震改修」派が勝った。「耐震改修派」の意見の集約は「もったいない」というもの。◆詳しくは知らない。ただ、土木・建築にかかわるプロとして直感的には「おそらく『移転新築』の方が『改修工事』より結果的に安くあがっただろうに・・・」と思う。問題の庁舎は1964年に建てられた本庁舎と68年建築の第2庁舎を含む。まもなく建築50年の老朽建築。これらの耐震補強工事は専門的で地元業者ではできない。配管や電気も新しいものに取り換えるのだろうがこれらを古いものと接続すれば長くはもたない。おそらく高いカネをかけて少々延命しても5年程度でまた「新築移転」の必要が出てくるのであろう。◆専門家でないものが一部の知識と感情のみで住民投票に持っていく今のこの国の行政のあり方が心配でならない。ダイナミズム溢れる政治家は不要となり家庭の主婦的な発想のみが通るのであれば国の発展はない。◆お叱りを覚悟で敢えて書く。選挙制度をそろそろ見直し選挙権を20歳以上の誰にでも与えるのは止めにする時期が来た。

... 続きを読む

コメント (0)

2012年05月19日 ---- シリ男

肘おき

sirio-c

飛行機のエコノミークラスや映画館の席は隣との境が一本のひじ掛けですよね。あのひじ掛けはどのように使うのか・・。生来、品よく控えめに育った僕はあそこに肘をおく人の気が知れません。もちろん僕は肘をおきません。せいぜいエッジの部分(ひじ掛けの自分側のコーナー)に肘を触れる程度です。ところがいますよねえ・・堂々と「これはオレの肘置きだ」と言わんばかりに置いているヤツ。アタマにきます。「オレが控えめに遠慮しているかと思ってこの野郎、いい気になるなよ!」などと心の中で叫ぶのですがもちろん声にも顔にも出しません。でも、ヤツの肘が肘掛けから外れたらすかさず僕も堂々と肘を置くのです。小さな抵抗であり宣戦布告です。この気持ち理解してくださる方いますよねえ?

コメント (0)

2012年05月16日 ---- ボス

石井幹子さん

boss-b

私の名前は「幹巳」と書いて「もとみ」と読む。日本の照明デザイナーの先駆者でいまだに第一人者、石井幹子さんも「幹子」と書いて「もとこ」さん。お会いしたことはないが名前の読み方だけでも親近感を抱く。この石井幹子さんのデザインは断トツ。日本の主要な建造物のライトアップはみな彼女による。東京タワー、レインボーブリッジ、六本木ヒルズ、姫路城、大阪城・・・などなど。彼女が手がけると、昼間キレイな建造物が夜さらに美しくなる。ライトアップなどプロが手がけなくてもその辺の電気屋さんで十分できそう。もちろん、ただライトアップするだけならできる。でもプロが手がけるのと素人が作るのでは大違い。
ヘリポートも似ている。当社がなくても屋上ヘリポートを作ることはできる。その辺の設計会社でもできる。ところがやはりプロが入ると入らないとでは大違い。当社が作るヘリポートは美しく、機能的。その上トータルコストは安く上がる。ランニングコストはさらに差がでる。ところがまだ当社に打診もなくその辺の、ヘリポートに関して素人の設計会社がおかしな高コストのヘリポートを作り続けている。寂しい。いや、当社のPRがまだまだ足りないのか・・。

... 続きを読む

コメント (0)

2012年05月08日 ---- ボス

頑張りましょう、野田さん!

boss-3

4月9日の早朝、会社に一人居るところに当社顧問の野田真吾さん(三井物産OB)から電話があった。「おはようございます。どうしました?」明るく尋ねた私に対し野田さんの声は緊張したような暗いものだった。「実はですね・・。週末、精密検査を受けたのですが・・、すい臓がんの末期、ステージ4だということが分かりました。医者はもう手術は無理と言っています。」◆なんと返してよいか分からなない。まだ65歳。週末まで全く元気そうだったのに・・・。◆あの電話から1か月が経った。野田さんは「どこが病気?」というくらい元気そう。ただ恐らく不安や心配事が多く眠れない夜が多いのだろう。食欲も落ちただろう。病気が原因というより精神的なショックから少し痩せて見える。◆抗がん剤の効果は日進月歩で良くなっていると聞く。「癌をやっつける」のではなく「癌との共存」を目指す医療も充実してきているようだ。かってであれば「ショートタイマー」と決められていた方が「癌と共存、共生」し5年も10年も元気に活躍している事例も知っている。◆他人から「頑張れ!」と言われて「はい、頑張ります。」というような単純な問題ではないことは十分理解しているつもり。それでも言いたい。「頑張りましょう!」と。・・・・野田さんがブログを始めました。このページの右にある「NODA SHINGO ESSAY」をクリックしてみてください。

... 続きを読む

コメント (0)

2012年05月07日 ---- ボス

民主主義

boss-2

フランス大統領選挙で「緊縮財政の継続」を訴えるサルコジが敗れた。ギリシャの国政選挙でも「緊縮財政」を訴える与党の過半数維持は無理であろう。「増税」「緊縮」を国民のために訴えても選挙では勝てない。民主主義の限界。さてこのまま世界中が「目先の楽」ばかりを求めていて大丈夫か?恐ろしい気がする。◆会社経営において会社の社長を社員の選挙で決めたらどうなるのだろう。「ベースアップ」「就業時間の短縮」などを訴える方が「リストラ」や「給与カット」を訴える者に勝つのであろう。小さな会社なら経営状況をキッチリと説明すればバカな選択はしないだろうが、たとえばトヨタやパナソニックほどの会社になると少々放漫経営をしても3年や5年で会社は潰れないであろう。「目先の楽」を訴える者が社長になる可能性が高い。◆国になるとトヨタやパナソニックとは規模が違う。「埋蔵金があるから大丈夫」「増税の必要ない」「今は緊縮よりバラマキだ」と言っても3年で飢え死にすることはない。「大丈夫、大丈夫」と言い続けてばら撒いている間にどんどん民主主義国家は弱くなってきた。一党独裁の中国がどんどん強くなってきているのが対称的にだ。そろそろ民主主義の限界かと思う。「なんでも選挙で決めるには限界がある」ということに皆が気付くべきときが来た。

... 続きを読む

コメント (0)

2012年05月03日 ---- ボス

仕事

boss-4

お客様に「素晴らしいものを作ってくださってありがとうございました。」とお礼を言われることがある。仕事をしていて最も嬉しい一瞬だ。営業に、現場に、飛び回っている頃はそんな「嬉しい一瞬」がしばしばあった。事業が徐々に拡大し、業績は悪くないのだが銀行がなかなかカネを融通してくれなくなった。私は営業や現場を部下に任せ、資金繰りのために時間を割くことが多くなった。部下たちはみな一所懸命に頑張り成長した。私はお客様と直接触れ合う機会が減った。お客様から直接「ありがとうございました」と言ってもらうことが少なくなった。仕事をしていて最も嬉しい一瞬をなくしてしまった。かつて私が喜んだ一瞬を私に代わった部下たちが同様に喜んでくれていることを願う。

コメント (0)

2018年11月16日 ボスの
スケジュール
  • 午前机回り整理
  • 午後「新ヘリポートの造り方」執筆
  • 夕方協力会社との安全集会
2012年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
« 4月   6月 »

カテゴリーリスト