2020年06月の記事一覧

2020年06月30日 ---- ボス

エコバッグ

boss-a

明日(7月1日)からプラスチック製の買物袋(いわゆるレジ袋)が有料になる。1枚3円~5円になるそうだ。そのためエコバッグが売れているという。エコバッグは3000円くらいはする。テレビではいろいろなエコバッグが紹介されている。「小さく折りたためてポケットに入ります」とか「大きく広げるとたくさん入ります」とか様々な“売り”があるようだ。一方でエコバッグは繰り返し使うので衛生面が気になるという声も多い◆私は少し不思議に思う。これまでのレジ袋はとても便利だった。薄くて軽くて丈夫だった。これからも使えるのでは?「使い捨て」をやめればいい。レジ袋をすぐに捨てずに何度も使えばいい。「コンパクトに折りたためます」というのが“売り”のエコバッグでもレジ袋には適わない。買い物に行くときにエコバッグを持っていくのではなく、自宅にあるレジ袋を持っていけばいい。◆エコバッグに走るのもいいがこれまでに「レジ袋を繰り返し使いましょう」という呼びかけが全くなかったのが寂しい。

... 続きを読む

コメント (0)

2020年06月22日 ---- ボス

銀行よりセブンイレブン

boss-b

「口座残高が不足しており御引き落としできませんでした」とダイナーズカードから連絡が来た。翌々日に「振込依頼書」が郵送で送られてきた。振り込むまでダイナーズカードは使えない。◆その振込依頼書は「みずほ銀行」の口座に振り込むもの。コンビニからでも振り込むことができるがコンビニからの振り込みは「手数料」がかかると書いてある。私のオフィスはみずほ銀行の隣。個人的な問題なので部下に頼むことをせず自分でみずほ銀行に行った。「あのー、これ届いたのですが、どうすればいいですか?」私は銀行ではいつも「子供の使い」みたいになる。案内の女性が親切に教えてくれた。私は受け取った番号札を持って順番を待った。私の番号が呼ばれた。振込依頼書と現金16万円ほどを窓口に出して「これ、お願いします」と言った◆窓口の女性が「お振込みですね? 手数料が650円かかりますがいいですか?」と聞いて来る。私は不思議に思ったので訊ねた。「えっ?『みずほ』から『みずほ』に送るのに手数料かかるんですか?」すると窓口の女性が「ええ、そうなんですよ。」と答え、そして続けた「ウチから送るよりもコンビニからの方が多分手数料は安いですよ」と◆私は「みずほ」からの送金をやめた。丁寧に断った。そして近所のセブンイレブンに行った。セブンでは並ばずにすんだ。レジに行って「これ、どうすればいいですか」と聞くとレジのオネーサンが「振込ですね。手数料330円かかりますがいいですか?」と笑顔で聞いて来る。「ええ、お願いします」こちらも明るく答える◆「みずほ銀行」への送金。みずほの別の支店から送金するとカードを取って順番を待って手数料650円。セブンイレブンからなら順番待たず、笑顔でオネーサンが応対してくれ手数料330円。セブンイレブンの勝ち! みずほ銀行の負け!◆「振込依頼書」には「コンビニからの送金は手数料がかかります」としか書いていなかった。ダメでしょ。

... 続きを読む

コメント (0)

2020年06月19日 ---- ボス

繰り返し見る夢

boss-b

そのマンションは練馬にある。ドバイのブルジュハリファのような円錐形をした超高層のタワーマンションだ。日によって高さが違う。55階建てのときもあれば90階のときもある。私は時に一人で、またある時は誰かと一緒にエレベータに乗る。エレベータがどんどん上昇しドアが開くと目の前に下界が広がる。高所恐怖症の私は足がすくむ。◆この練馬の丸い超高層タワーマンションの夢を時々観る。年に2回くらいのペース。おそらくこれまでに10回は私の夢に登場した。いつも場所は練馬。昨日は53階でエレベータを降りた。見える景色は地上500mくらい(つまり100階くらい)のものなのだがそこは夢の中のこと、私は違和感を覚えない。「すげえ高いなぁ。怖いなあ。イヤだなあ。でもここに住んでいる人もいるんだよな。高いところに住むってどんな気持ちだろう。オレはとてもじゃないがここには住めないな」・・・夢の中でそんなことを考えていた◆実在しない夢の中だけのタワー。繰り返し夢に出てくる練馬のタワー。なにか意味があるのだろうか?

... 続きを読む

コメント (0)

2020年06月17日 ---- ボス

ゴルフと麻雀をおやりなさい

boss-b

平成になったばかり、世の中がバブル景気に浮かれ始めた頃、私の大嫌いな、無責任な、それでも著名な、インチキ経済評論家が『麻雀・カラオケ・ゴルフはおやめなさい』という本を出した。題の横に「これからの日本経済とサラリーマンの戦略」などと添えてある。当時30歳を少し超えたばかりの私は本屋に平積みにされてあるこの本を見て不愉快になったことを覚えている。このインチキ経済評論家は「くだらん麻雀やカラオケやゴルフをするよりはまず勉強しなさい」という。◆若い人に「勉強しろ!」と言うことは正しい。私だって若い人に「勉強しろ!勉強しろ!考えろ!」と毎日言い続けている。だがカラオケはともかく「麻雀とゴルフはできれば若いころに覚えて欲しい、楽しんで欲しい」と思っている。「麻雀とゴルフの勉強もしろ」と言いたい◆麻雀とゴルフの共通点。①“基本的に4人で遊ぶ”・・・人付き合いが増え、会話を楽しみ、気配りやマナーを覚える。ダメな人のダメな部分がすぐに見える。人のフリ見て我がフリ直せ。 ②“戦略・戦術を覚える”・・・猪突猛進が良いばかりではない。常に確率を意識しながら次の手を判断するクセが身に付く ③“実力のみでなく、運・不運で結果が左右される”・・・一喜一憂するのでなく実力を上げる努力をすることによりアベレージを高めることが大切 ④“賭けを楽しむ”・・・法律では禁止だが法の「お目こぼし」での範囲内であれば多少の賭けをやって楽しむことも面白い。麻雀もゴルフも結果を数字で判断できるので賭けが成立する。◆バカな経済評論家が『麻雀・カラオケ・ゴルフはおやめなさい』と言ったから当時「新人類」と呼ばれていた自分のアタマで考えることのできないが妙なエリート意識の高い連中が本当にそれらを止めた。みごとにバブル景気が膨らんで「パン!」と音を立てて弾けた。◆いまだに「賭け麻雀は犯罪です!」などと分かり切ったことを大声で叫ぶアホがいる。きっと近い将来、わが国から雀荘がなくなるのだろう。誰も麻雀をしなくなるのだろう。自分の意見・考えばかりを主張するワガママなヤツが増えてくる。◆せめてゴルフだけでもサラリーマンはトライして欲しいと思っている。

... 続きを読む

コメント (0)

2020年06月16日 ---- ボス

東京都のコロナ感染者数

boss-2

東京都内で新たにコロナに感染した人の数が二日連続で40人を超えた。40人を超えたのは5月5日以来で約40日ぶりだと言う。一部の大新聞は「アラート解除 時期尚早だったのでは?」などと書きたてている。◆なぜマスコミは書かないのか?なぜ小池さんに訊ねないのか?「何人検査して40人の陽性だったのですか?」と。PCR検査を「50人にして40人が陽性」というのと「1万人にして40人が陽性」というのでは全く状況は異なる。統計というものはサンプル数が重要だ。そのサンプル数が分からないまま「40人!!! 大変だ!!」というのはおかしい。◆なぜ東京都がサンプル数を発表しないのかが不思議だが、それを訪ねようともせず「40人超えた! 大変だ」と騒ぐマスコミもおかしい。

コメント (0)

2020年06月15日 ---- ボス

私刑(リンチ)じゃないの?

boss-2

クソみたいな男がクソみたいな女と、本来クソをする場所でセックスした。とんでもない話だがよく聞く話でもある。だが今回たまたまそのクソ男が有名芸能人であった。例によってクソのような週刊誌が大きく取り上げアタマの悪い一般人は喜びながらクソ男を非難する。「キレイな奥様なのに、とんでもない」「ひどい!奥様がかわいそう」などと妻を心配するような言葉でクソ男を罵る。だが恐らくそういう言葉を発している者たちの殆どが大して妻のことなど心配していない。なにか非難する言葉を発するために「妻がかわいそう」などとの言葉を見つけただけだろう◆私は不思議に思う。これは私刑じゃないのか?彼は確かにクソ男だが、これほどのバッシングを受け仕事も家庭も目茶目茶にされるほどの大罪を働いたのか?いったい彼はどの法律を犯し誰を傷つけたのか?◆クソ女を傷つけた?ふざけるな、強姦されたわけでもなく、相手には妻がいることは分かっていて自分でトイレに入ってカネまでもらっていて・・ふざけるな!◆妻と仕事の関係者を傷つけた?彼が傷つけたと言えなくもないが直接傷つけたのは週刊文春だろう。正義の味方ぶって「悪を世間にさらけだす」とでもいうのか?どう考えてもこれは私刑だ。クソ女の腹いせと週刊文春の金儲けが合致しただけの話。これは私刑だ。◆クソみたいなヤツは世間にごまんといるが、私にとってはクソ女とクソするところでセックスするやつよりも交差点でタクシーを止めるヤツのほうがよほど迷惑だ。

... 続きを読む

コメント (0)

2020年06月12日 ---- ボス

幸せ

boss-c

最近年齢のせいだろうか、少し酒が入るとすぐに思う。「あー、いい人生だったなあ。このまま平穏に終わりたいなあ。苦しまずに死ねるのだったら明日死んでもいいなあ」などと◆「いろいろあったけど、結局はとても幸せな人生だなあ。きっと前澤さんよりも安倍さんよりも孫さんよりもホリエモンよりもオレの方が幸せだろうな」などと不遜なことをまじめに思う。さらに「オレよりも幸せなヤツは郷ひろみさんと松井秀喜さんくらいかな」などと思ってしまう。◆そんな大それたことを思いながら、幸せなうちに昨日63歳の誕生日を迎えることができた。こんなに幸せに誕生日を迎えることができたのは偶然にも素晴らしい仲間たちに出会えたからだ。自分の幸運・強運に感謝しつつ謙虚に今の幸せを喜びたい。

コメント (0)

2020年06月08日 ---- ボス

プレモルが不味くなったの? オレの舌が変わったの?

boss-c

緊急事態宣言が解け、ぼちぼちいろんなお誘いも入るようになってきた。なじみの店の多くは席数を減らしたり隣の席との間に飛沫感染防止用のビニールを張ったりといろいろと対策を講じて再オープンした。頑張ってもらいたい。「コロナに罹患しないこと」ばかりを考えていたら日本経済は疲弊する。6月に入ってから私も、東京の経営者の一人として、再オープンの店を応援しながら売り上げに協力している。◆久しぶりに店に入って「とりあえず生ビール!」を頼んで思ったことがある。サントリーさんには申し訳ないのだがあの「プレミアムモルツ」が美味くないのだ。六本木のIで出されたときは半分残した。西麻布のUでも不味かった。そして昨夜、自宅でプレモルの缶を飲んだがこれも不味かった。妙な苦さがある。昔のキリンビールみたい。私は家人にこれからはサッポロの「黒ラベル」にするようにと頼んだ。◆あんなに美味しかったサントリーのプレモルがどうして不味くなったのだろうか?なにか原因があるのかな? いや緊急事態宣言の元、酒量を減らしていた私の舌が変わったのだろうか?◆いずれにしても大した問題ではない。社会は活気を取り戻しつつある。私も頑張ろう。

... 続きを読む

コメント (0)

2020年06月04日 ---- ボス

「幸せ」も誰かと比べて判断している

boss-b

「顔がキレイ」「頭がいい」「走るのが速い」「ゴルフがうまい」「お金持ち」これらの表現はすべて基本的に相対論である。その人がいる回りと比べているだけ。回りに美人がいなければ彼女は美人になる。回りに頭のいいヤツがいなければ彼が頭のいいヤツになる。金持ちだってそうだ。回りが貧乏人ばかりだったら彼は金持ちになり、回りが金持ちばかりなら彼は貧乏になる◆おそらく「幸せ」もそうなのだろう。多くの日本人は北朝鮮に生まれた人は不幸だ、などと言う。「日本に生まれただけでも幸せ」などと言う。私もそう思う。◆だが何も知らない北朝鮮の人々は自分の回りと比べることしかできず、意外と「自分は幸せだ」と思っているものだろうな。北朝鮮で最も不幸な人は、国外の幸せな生活を知ってしまったあの人たちかもしれない。

コメント (0)

2020年06月02日 ---- ボス

当社顧問 Mさんが退職されて

boss-4

昭和時代の青春学園ドラマは設定が決まっていた。登場人物は「やんちゃな学生たち」「熱血教師」「マドンナ先生」「厳しい教頭」「優しい校長」。学生たちに対して教頭が厳しく接する。熱血教師はマドンナ先生と組んで、学生たちを応援する。教頭はいつも憎まれ役。◆我が社を設立して約25年。10年前まで私は「厳しい教頭」役と「優しい校長」役を演じ続けていた。10年前、一人二役に疲れ切っていた頃、我が社に顧問としてMさんが入って来てくれた。Mさんは私に大変気を使ってくれた。疲れている私に対してMさんは「『厳しい教頭』の役は私が演じます。社長はどうぞ本来の『優しい社長』役に徹してください」と言ってくれた。有言実行、それ以来Mさんは「やんちゃな若い社員」に厳しく接してくれた。もちろん愛情を持って。◆そのMさんがコロナ禍の最中、三月末で退職された。コロナのために「お別れ会」もできなかった。Mさんが抜けて2か月経った。私はまた「厳しい教頭」と「優しい校長」の一人二役を演じなければならなくなった。Mさんに変わって「厳しい教頭」役をできる者が我が社にはいないようだ。「やんちゃな学生」は相変わらずやんちゃ。私は少々、いやかなり疲れている。◆Mさんのありがたみをつくづく感じている。Mさん、ありがとうございました。コロナ禍がひと段落しましたら必ず「お別れ会」開きますからね。

... 続きを読む

コメント (0)

2020年06月02日 ---- ボス

 黒川さん非難「もう十分じゃありませんか?」に対して

boss-b

5月23日に「もう十分じゃありませんか?」と題してこの欄で、辞職した東京検事長を少し擁護した。それに対し厳しいコメントをいただいた。(5月23日のコメントというところをクリックするといただいた文が読めます)◆私が有名人でこれがTwitterなどのSNSであったら「炎上」していたのだろうか。だから政治的な発言は控えたいのだが、つい感じたことを述べたくなる・・・◆あの時期に黒川氏が取った一連の行動はダメ。脇が甘い。辞職はやむなし。そこまでは多くの方々と私も同じ感覚。おそらく違うのは多くの方々が「検事が賭け麻雀をやったのだから懲戒処分にするべきで退職金など払うべきではない」と感じているのに対し、私は「賭け麻雀くらい許してやれよ。誰でもやっているじゃない。退職金まで召し上げることないでしょ」との思い。◆「少額でも賭博は賭博、犯罪だ!」という考えを持っている人が多いことは知っている。(今回の件では日本人の実に8割近くが「懲戒にすべき!」と考えているとの情報もあった。)パチンコや競馬競輪は「公営」なので身を持ち崩すほどやっても法律違反ではないが、仲間内で少額であっても賭けて行う麻雀やゴルフの握りは犯罪、との考えはもちろん間違いではない。だから私の考えは少数派なのだろう。◆「公務員だから悪いのだ。一般人なら許される」という考えの方もいるようだ。今回の件では「重要任務の高級公務員が自宅に特定の新聞記者を招き入れ親しくすることは良くないこと」ということは私も同感なのだが「公務員だから、仲間内の麻雀で少額でも賭けたらダメ」っていうのは少々厳し過ぎると感じている。◆大学時代仲良く卓を囲んだ連中が「公務員になったから僕はもう麻雀やめるね」などとなったらかわいそう。もう少し鷹揚に「ま、それくらいいいか」とお目こぼしするムードにならないものかなあ、と感じている。

... 続きを読む

コメント (0)

2020年06月01日 ---- ボス

三島由紀夫 「豊饒の海(全4巻)」の『暁の寺』より

boss-b

ゴールデンウィークに40年ぶりに読み返した「豊饒の海」その第3巻『暁の寺』に以下の文章が出てくる。私は納得しながらそこを読んだ。紹介する。◆「人々は永いこと自由と肉欲の過剰を怖れて暮らしていた。はじめて酒を抜いた翌朝のさわやかさ。自分にはもう水だけしか要らないと感じることの誇らしさ。・・・(中略)・・・そういう新しい快楽が人々を犯しはじめていた。そういうものが人々をどこへ連れて行くかは、本多にはおよそのことがつかめていた。・・・(中略)・・・純粋なものはしばしば邪悪なものを誘発するのだ。」◆二十歳で読んだときは全く理解できなかったであろうこの文章が還暦をとうに超えた身となり理解できるようになっていた。「暁の寺」の頃の本多は今の私と同い年くらいか。三島はこの文章を40歳で書いた。すごい。

コメント (0)

2020年07月14日 ボスの
スケジュール
  • 午前Vポート研究と執筆
  • 午後デザイン会議
  • 夕方直帰
2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
« 5月   7月 »

カテゴリーリスト