2023年07月の記事一覧

2023年07月28日 ---- ボス

きちんと国名を表記しろ!

boss-2

テレビで「世界水泳福岡」を見ている。我が母校(佐伯鶴城高校)の後輩、渡辺一平君は今夜が200m平泳ぎの決勝だ。なんとかメダルを取ってもらいたい。◆この「世界水泳福岡」はテレ朝の独占中継のようだが、見ていて不愉快になることがある。競泳の予選、8レーンまでの選手を紹介する枠には国旗と名前しか出ないのだ。そりゃアメリカ、イギリス、オーストラリアくらいは誰でも分かるだろう。だが知らない国旗も多い。昨夜の女子100m平泳ぎでは見知らぬ国旗の選手がトップを泳いでいる。どこの国だろう?国旗の横に(LTU)とあるだけ。テレ朝は配慮が足らない。◆調べてみた。LTUはリトアニアだった。(国旗+LTU)と出すよりも(リトアニア)と書く方がよっぽど親切だろう。少なくともわざわざ調べる手間は省ける。

コメント (0)

2023年07月28日 ---- ボス

企業経営で最も大切なのは「道徳観」

boss-2

ニュースで連日報道されている「ビッグモーター」の卑劣なやり口に強い怒りを感じている。中でも街路樹を枯らせることを平気で、会社として組織的にやっているようで、これには本当に驚いた。「街路樹があっては店の看板が見えにくい」というのが樹木を枯らせた目的なのだろう。だがさすがにそうは言えず「雑草を生えないようにしようと思って除草剤を蒔いた。結果的に樹木が枯れた」と言い逃れをするのだろう。トップから現場まで腐りきった会社だ。◆損保ジャパンもおかしい。損保会社は保険対象のデータの蓄積から統計的に分析をするのが仕事。クルマ1台当たりの保険金請求額は、他の自動車修理工場より「ビッグモーター」からの方が間違いなく高くなっていたであろう。損保会社として気付かぬはずがない。気付かぬとすれば損保ジャパンも信用できないおかしな会社になる。もし「クルマ1台当たりの修理費用はビッグモーターも他の自動車修理工場もほとんど一緒でした」というのであれば、それは他の自動車修理工場もビッグモーターと似たような、キズを酷くしてから修理することをやっていたということになる。◆私は企業経営において最も重要なことが「道徳観」だと思っている。人様から後ろ指をさされるようなことをしてカネを儲けてもきっといずれは破綻する。「天網恢恢疎にして漏らさず」昔の人は良い言葉を残している。

... 続きを読む

コメント (0)

2023年07月27日 ---- ボス

旨い赤ワイン

boss-c

ワインの味など分からない。分からないのだけど分かっている風を装ってしまう。本当は「好き・嫌い」くらいしか分からない。その「好き・嫌い」も日によって変わる。前回「おいしい」と思ったものが今回は「旨くない」になったりする。そんな味音痴なくせに私が購入するワインは年齢とともに徐々に高額になってきた。最近はコストコで1本5千円程度のものが主流。時には1万円を超えるものを買ってしまうこともある。またプレゼントでいただくワインはそのほとんどがいわゆる高級ワインである。レストランでは1本2万円を超えるワインをオーダーすることも年に数回はある◆かっこつけの味音痴の私だがワインが好きなことは事実である。残念ながらアルコールに強くない体質であるためせいぜいボトルの1/3も飲めば酔ってしまう。◆先日、君津のゴルフ場のロッジに泊まった。ゴルフ仲間と久留里の街へ夕食に繰り出すのだがその日は私が運転係。美味しいタイ料理の店、久留里駅前の「たいこくどう」へ行った。皆はビールを美味しそうに飲むが私は運転係だからノンアルコールビールで我慢。1時間半ほどタイ料理を楽しんでロッジに戻ることになった。ロッジで飲み直し。やっと私も「飲み会」の方にも参加できる◆無性に赤ワインが飲みたくなった。「たいこくどう」の近所のセブンイレブンに寄って缶ビールと赤ワインを買おうとした。ところが赤ワインが少ない。そして異常に安い。フルボトルで600円程度。「こんなの飲めるかなあ」と偉そうに言ってしまった。「まあ期待せずに買ってみましょうよ。私おごりますから」と後輩のKさんが言ってくれた。◆ロッジに戻って私も加わって再度酒盛りが始まった。まずはビール。すぐに空いていよいよワイン。「どうだかなあ?」などと言いながら口に含んだ。「旨い!」が私の最初の言葉。「えっ?600円でこんな美味しいワインが飲めるの?」ビックリした。◆GACKTやYOSHIKIなら「こんなワイン、まずくて飲めませんよ」と言うのかもしれないが味音痴の私にはとても美味しく感じられた。◆昨夜、広尾のセブンイレブンに入った。「あのワインないかな?」と探してたらあった。「あっ、きっとこれだった。チリのピノ・ノアール」自宅に帰ってすぐに飲んでみた。美味しい。◆我が家のリビングのワインセラーには1本数万円のワインが10本以上入っているが、それらを飲む機会はなかなかやって来そうにない。

... 続きを読む

コメント (0)

2023年07月27日 ---- ボス

一緒に飯を食えば7割は分かる

boss-2

週に2回~3回は会食の予定が入っている。居酒屋ではなく高級割烹だったりフレンチやイタリアン、中華のことも多い。大抵の場合、事前にコース料理を予約している。会食の相手は仕事の客先や大学の先生のこともあれば協力会社の連中や或いは部下たちと食事を楽しむこともある。◆会席料理やフレンチや中華のコース料理では、一品一品丁寧にサービスマンが説明してくれる。素材とその料理方法、そして食べ方などもさらっと15秒ほどで説明してくれる。この説明に耳を傾けるのが客としてのマナー。さらには簡単な質問でもしてみれば場が盛り上がる。「立派な牡蠣ですね。どこ産ですか?」と聞けば「三重県の答志島産です。ミルキーでとても美味しいですよ」などと会話もはずむ。場が和やかになる◆料理の説明をしている女性に「オネーサン、何歳?キレイですね」なんて話しかけるのは論外だが、説明を聞こうとしない奴が多いことに私は腹が立つ◆むこうだってタイミングを測っている。客同士の会話が止まったスキに説明を始める。「こちらのお皿は手前の『アスパラのお浸し』から時計回りに『ボタン海老の・・』・・」などと説明が続く。その説明を聞かずに客同士で話を続ける無神経な奴が多い◆「ちょっと説明を聴きましょうか」と言って注意することもある。私が注意すると静かになってサービスマンも説明がしやすくなる。だが、相手によっては私は何も言わずに私だけが説明を聞いている。説明を聞いているが同時にそのマナーをわきまえない客に腹を立てている◆「こいつとは、もう居酒屋以外へは誘わない」「気配りのできない奴だ。仕事もできないだろうな」「『育ち』が悪いことはしょうがないが社会人になったからには気配りで『育ちの悪さは埋められるはずだ』」そんなことを思っている◆このような気配りできないダメな奴らの多くが私にだけは気を使ってくれる。「オレに気を使うことができるんだったら、もっと周りに気を使え!」と怒りたくなる。

... 続きを読む

コメント (0)

2023年07月25日 ---- ボス

「実装」って?

boss-2

66年間生きてきた。平均的な66歳よりは多く本を読んできた。英語は苦手だが漢字や諺に関しては平均点以上は取れる自信がある。◆少なくとも5年前までは聞いたことがなかった「実装」という言葉を最近よく耳にするようになった。役所の高級官僚が「私はエリートなんですよ」って言いたそうにこの『実装』という言葉を使うようになった。負けずに民間のベンチャーあたりの小生意気な連中もこの『実装』という言葉を使うようになった。66歳のオヤジは意地でも使わない◆調べてみた。もともとはIT業界で使われ出した言葉のようだ。私と関係ないIT業界で使われているのなら文句は言わない。頼むから私の前では「実装」なんて言わないで欲しい。「実現」でも「実行」でもいいじゃないか?◆とうとう電車の中の吊り広告にも『実装』って言葉が登場した。訳わかんない。

... 続きを読む

コメント (0)

2023年07月24日 ---- ボス

マナーが悪い = 民度が低い

boss-2

酷暑の中、私は元気だ。そりゃあ若い頃のようなキレはないが同年代の方々と比べると恐らくかなり元気な部類に入るだろう。土曜・日曜と酷暑の中ゴルフを楽しんだ。接待ゴルフではなくスポーツゴルフ。土曜日は成田の「PGM総成」をブラックティー(フルバック)から。日曜日は君津の「ロイヤルスター」をブルーティーから1.5ラウンド。このくそ暑い中、1.5ラウンドもするのは我々だけだった。熱中症にならぬよう水分を取りながら氷嚢で首筋を冷やしながらのラウンドは楽しかった。「オレは本当に夏が好きだなあ」などと独り言を言いながらの楽しいラウンドだった。スコアも満足できるものだった◆満足できないことが一つ。千葉県内での連戦だったので土曜はラウンド後、ゴルフ場のロッジに泊まった。ロッジの部屋は個室なのだが部屋にはトイレがない。トイレは共用だ。まあ、しようがない。このトイレを利用するのはロッジに宿泊している男10人だ。トイレに入るときはトイレの入り口でスリッパを履き替える。トイレのスリッパは3人分(3足)ある。◆このスリッパがいつ行ってもこっち向きに脱ぎ散らかされている。私は乱雑なのは嫌いなので3足をきちんと、次の方が履きやすいようにキレイにあちら向きに揃える。しばらくしてまたトイレに行くとまた3足ともこちら向きに脱ぎ散らかされている。トイレから出る時にちょっと後ろ向きになってスリッパをあちら向きにして出ればいいものを、それを誰もしない。恐らく私以外の9人は全員がスリッパをこちら向きに脱ぎ散らかしている。私は自分のスリッパだけでなく3足を丁寧に向こう向きに揃える。その繰り返し。◆小学生でもできそうなことを、ゴルフをする大の大人がしない。そういえばこのゴルフ場では駐車場のクルマも管理されない。一応、クルマを停める場所には白線が引いてあるが白線があろうがなかろうがどこにでも車を停める。従業員は見て見ぬふり。時にはクラブハウスの玄関の真正面に平気で停めるヤツもいる。◆トイレと駐車場を見れば、そのゴルフ場を利用する方々の民度が分かる。

... 続きを読む

コメント (0)

2023年07月20日 ---- ボス

元気!

boss-3

6月4日に米国ヒューストンへ向けて出発し、あちらに7泊。帰国後、沖縄(2泊)福岡(1泊)北海道(3泊)と出張スケジュールをこなした。さらにその間に私はゴルフを9ラウンドも回っている。◆5月中旬にこのハードスケジュールに気づいた。「こんなハードスケジュールをこなすことができるのだろうか?」心配だった。怖かったのが米国出発間際にコロナに罹ることだったが幸い元気で出発できた。そして帰国後、コロナに罹患したが軽症だった。沖縄出張までには元気になった。コロナ罹患のため河口湖でのゴルフと銀座の寿司屋でのお客様との会食をキャンセルしたがそれ以外の予定はすべてこなすことができた。そして昨日忙しいピークを越えた。ほっとしている。◆この45日間で体重が2㎏増え、血圧が15上がり、腰痛が出てきた。出張とゴルフばかりでは体調管理ができない。少しスケジュールを抑えめにして体調管理に努めよう。

... 続きを読む

コメント (0)

2023年07月18日 ---- ボス

懐メロ

boss-c

高校生の頃、母がテレビで懐メロ番組を楽しんでいた。20年くらい前に流行った曲だった。つまり私が産まれる5年くらい前の曲。東海林太郎、三橋美智也、春日八郎などが歌うのを母は嬉しそうに懐かしんでいた。当然、それらの曲が流行ったころはまだテレビなどない。母はラジオでそれらの流行歌を聞いていたのだろう。当時の私にとって20年前は大昔と同じ、白黒の世界。モノクロームであった。色を付けて欲しかった。◆66歳になった私はいま、40年前、50年前の懐メロを楽しく聴いている。昨日もテレ東でやっていた。◆不思議なのは高校生の私にとって20年前は「モノクロ世界の大昔」の感覚であったのに対し、最近の若者にとっては40年前の曲、例えばサザンの「勝手にシンドバッド」やピンクレディの「UFO」あるいは沢田研二の「TOKIO」などは決してモノクロではないようなのだ。◆流行った時期よりも曲調やアレンジ、或いは振り付けなどの方が懐メロに与える影響が大きいようだ。

... 続きを読む

コメント (0)

2023年07月18日 ---- ボス

京大社会

boss-c

日比谷通りの交差点。ワンボックスカーが信号待ちをしている。側面に文字が書かれている。最初に見えたのが「京大」という文字。私は「九大」卒だからというわけでもないが京大という文字には反応してしまう。手前に停まっていたクルマが動いた。ワンボックスカーの文字が「京大社会」と読めた。「京大社会」とは思い切ったアピールだな、と思った。また手前のクルマが少し前進した。「京大社会式」と書いてある。京大の社会式って何なんだ?私はまだ気づかない。全部が見えた。「京大社会式株」と書いてある。ここでやっと気付く。ワンボックスカーの運転席側から読むのだ。「株式会社大京」というものであった。情けない。◆ふと、もう30年か40年前のことを思い出した。ある会社のネーミングに驚いたのだった。その会社の名前は「有限会社無限」というもの。創業者のセンスが好き。

コメント (0)

2023年07月13日 ---- ボス

美顔器購入

boss-b

米国でクルマを運転するために先月初めに鮫洲の免許センターで国際免許を発行してもらった。免許証に貼るための証明写真を見て愕然とした。爺さんだ!◆毎朝、髭剃り時に鏡で自分の顔をみているが気付かなかった。年寄りの象徴である「ほうれい線」が深く下方へ伸びている。「これじゃいかん」「どうしよう?」私はずっと気になっていた◆銀座のバーでその話をしたらマスターから「最近の美顔器は結構効果あるってききますよ」との情報。翌日、ネットで「美顔器」を検索。わが社の女性スタッフにも協力してもらって「これが良さそうですよ」というのを探してもらった◆なんと6万円以上。「ええい!若さを保つためだ!思い切ろう!」。一昨日が届いた。使用説明書に従って使ってみた。「えっ?こんなんで本当にリフトアップ効果があるんだろうか?」半信半疑ではあるがここまできたら試し続けるしかない。◆数か月後にでも「ほうれい線が消えました」と皆様に報告したいものです。

... 続きを読む

コメント (0)

2023年07月12日 ---- ボス

新橋は本当に暑いぞ!

boss-b

昼どきの新橋が日本で一番暑い街だと私は確信している。◆新橋エリアの海側には汐留の超高層ビル群が並び海からの風邪を遮断している。小さな飲食店が並びフル稼働でそれを冷やすエアコンの室外機が1階か2階で熱した空気を吐き出している。狭い道が迷路のように入り組んでおり風が吹かない。道路はことごとく昔ながらの真っ黒いアスファルト。◆これほど暑さに対する悪条件が揃っている場所を私は他に知らない。

コメント (0)

2023年07月12日 ---- ボス

地方のジャズ喫茶

boss-c

出張で国内外のいろいろな場所へ行く。出張先で自由時間が取れそうなときは必ずジャズ喫茶に行く。岩手県一関市の「ベイシー」、熊本県八代市の「FIRST」、大阪市東心斎橋の「Bar Jazz」、そして福岡市渡辺通の「JAB」は私の大のお気に入り。一昨日も「JAB」で一人で飲んでいた。◆日本ではジャズを演奏する人が減った。ジャズボーカルはもっと少ない。東京で生演奏を聴く機会も多いがなかなか満足する演奏に出会うことは少ない。そして生演奏のJAZバーは「ミュージックチャージ」がかかるためにとても高額になってしまう。◆「下手な生演奏よりは、高音質のステレオで50年代60年代のレコードを聴いてる方がずっと楽しいね」と「JAB」のマスターとそんな話をしていた。

コメント (0)

2023年07月11日 ---- ボス

袴田事件

boss-3

袴田事件。検察が再審公判で有罪を立証する方針を示したところすぐに弁護団が会見を開き「警察を守るためか、あるいはメンツのためか・・人の人生をいったい何て思っているのか本当に腹立たしい」などと憤りを露わにした。◆これを報じるテレビのニュース番組で司会者がこんなことを言っていた。「年齢を考えても早く再審無罪を決定して欲しいものです」「検察のメンツのためだけにここまでやるのでしょうか」と、弁護団と同じ主張◆私も個人的には、これまでの報道から「冤罪なのだろうな」とは感じている。だが真実は分からない。真実が分からないから裁判だ◆「推定無罪」という言葉は知っている。検察が明らかに有罪であることを証明できなければ無罪になる。だからと言って検察と弁護団との闘いをマスコミが「検察のメンツのため」と決めつける報道をしていいのだろうか? 「弁護団はこう言っています」との報道にとどめるべきではないだろうか?◆検察は検察で「明らかにクロだ」との確信があるのであろう。マスコミ報道は常に中立であるべきだと私は思うのだが、「弱い者の味方」をするときのマスコミはいつも「自分が正しい」と声高に叫ぶ。なんかおかしい。◆「おかしい」というと私が叱られる。おかしい。

... 続きを読む

コメント (0)

2023年07月07日 ---- ボス

7月6日は「サラダ記念日」だった。


「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」と俵万智さんが歌集「サラダ記念日」を出して36年経った。全く色あせない。◆30歳の私は66歳になったが、この歌を思い出しては若かったころを懐かしむ。昨年結婚した娘も、今こんな気分であってくれたらいいな、と思う。

コメント (0)

2023年07月06日 ---- ボス

「情熱」よりも「データ分析する『脳みそ』」が大切

boss-2

①「私は酒が好きです。酒に関する知識は誰にも負けません。だから私はバーを経営したいと思うのです。開業資金を貸してください。私は学生時代にスコッチウィスキーを求めてスコットランドを一人旅したこともあります。日本の酒蔵も尋ねましたしアメリカのナパバレーのワイナリーも行ってきました。お酒に関する情熱は誰にもまけません」と言う男性 ◆②「中央区のこのエリアにはサラリーマンが多いのに半径200mにはお酒が飲める店は居酒屋すらありません。だから私はここでバーを経営しようと思っています。開業資金を貸してください。ここでバーを開業すればウィークデーは30人が入ります。客単価は8000円を想定しています。当座はアルバイトを二人程度で回せると思います。私は酒が飲めませんが今後ソムリエ試験の勉強は頑張ります」と言う女性 ◆ ①の情熱だけの男。まず彼は失敗するであろう。②の酒は苦手だけどデータ重視で店を経営したいという女性。こういうタイプの人が成功するのだが、いくら教えても「情熱優先」「データは分からない」人ばかりが目立つ。◆ 情けない世の中。ひょっとすると「パワハラ」を規制しすぎて上司が指導を怠り、結果「仕事の本質」が分かっていない奴が増えてしまったのかとも考えてしまう。◆野球もラグビーも会社経営も、もちろん「情熱」は大切だが「情熱」以上に「データ分析」の「脳みそ」が必要なのだがその「脳みそ」優先と気付かないヤツばかりが表を歩いている。

... 続きを読む

コメント (0)

2023年07月06日 ---- ボス

ダルビッシュ有の身長は?

boss-b

出張にかこつけてアナハイムのエンゼルスタジアムで大谷君の試合を2試合観戦してきた。2試合とも大谷君はホームランをかっ飛ばしてくれた。その光景を、私の66歳の誕生日プレゼントと思って受け取った。◆エンゼルスの練習風景から見ていたが大谷君はデカいアメリカ人大リーガーに負けることなく立派な体格をしている。バランスがいい。スタイルがいい。調べてみたらなんと身長は193cmだって。すごい!今年はホームラン王になって欲しい。そして来年はサイヤング賞を取りに行こう。大谷君ならそれもできそうだ。◆さて、つい先日のエンゼルスVSパドレス戦の前にが嫌で大谷君とダルビッシュ選手が親しく会話しているところがテレビで放映されていた。私は「えっ?」と思った。ダルビッシュ選手が大谷選手よりさらに背が高いように見えたからだ。調べてみた。◆なんとダルビッシュ選手は196cmもあるそうだ。大谷選手よりさらに3㎝も背が高いのであった。

... 続きを読む

コメント (0)

2024年04月15日 ボスの
スケジュール
  • 午前事業部連絡会議  ヘリポート部会議
  • 午後総務部会議
  • 夕方銀座を徘徊?
2023年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
« 6月   8月 »

カテゴリーリスト