2019年03月25日 ---- ボス

働き方改革

boss-2

働き方改革の勢いがすごい。「そんなに急いですべての会社に『働き方改革』を求めてどうすんの?」と言いたいところが公(おおやけ)の場では黙っている。◆我が国は東の果て(FarEast)の小さな国。大した資源が出るわけでもない。石油もガスも鉄鉱石もボーキサイトも全部輸入。そんな国が平成の初めには世界第二位の経済大国になった。東の果ての資源の無い小さな国がどうして短期間で欧米と伍するところまで来ることができたのか、世界有数の経済大国になったのか。みんな真摯に振り返ってみることを忘れているのではないだろうか◆資源豊かな欧米や中東は、大して働かなくても、勉強しなくても外貨を稼げる。一塊(ひとかたまり)のエリートが居れば国全体が豊かになれる。一方、資源がなく、国土は狭く、人口が多い我が国は教養と勤労によって外貨を獲得するしか術(すべ)はない。◆江戸時代から教養を身に付け、「働くことが善」と言う意識を皆で共有してきた。資源多い国の人たちよりも一所懸命に勉強し、一所懸命に働いてきたから今の繁栄があるのだ。そのことを忘れて「欧米並みに」働き方を改革しろと言っている。◆資源のない国が働き方を改革すれば、自動的に教育のレベルも低下するであろう。すぐに悪循環に陥る。それを理解した上で「改革」と言っているのだろうか? 「みんな生活レベルを落とすことになります。給料は減ります。それでも休みを増やしましょうね」と言うべきところを最初の方は言わず「休みを増やしましょうね」しか言っていないように私は感じる。◆我が国の、世界での経済的な地位はまもなく急降下を始めるであろうことを予測する。

コメント (0)

2019年03月06日 ボスの
スケジュール
  • 午前富山から新橋へ移動
  • 午後人事考察
  • 夕方恵比寿「うち津」にて会食
2019年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
« 5月    

カテゴリーリスト