2016年07月28日 ---- ボス

政治家の評価

boss-5

昨日に続き、あまり好きな話題ではないが政治家や選挙に関して。◆昨日は歯科医や外科医に例えて話した。政治家だって歯科医や外科医同様に、彼の人柄やルックスよりも政策やら政治手腕で選ばれるべきであろう。だが残念なことに下流なマスコミがくだらぬことを煽るために最近の選挙は単なる人気投票に変わりつつある。「政治のことはこれから勉強します」と笑顔で答える女性アイドル歌手が多くの票を集める。元アイドル、元プロレスラー、元柔道選手、元漫才師、元アナウンサー・・・そんな議員ばかりである。情けない。◆それよりも候補者に政策を語らせ、それによって誰に投票するかを判断するのが、本来あるべき選挙の理想の姿ではないのか?◆マスコミが下らぬことを書きすぎる。一方で、多くの妾(めかけ)を囲い、説明のつかぬ大金を集め、カネと派閥の人数で日本国を牛耳っていた田中角栄をここにきて持ち上げ始めた。どうなってるの?◆良い政治家、悪い政治家を判断する線引きがあまりにも曖昧。私は、舛添の「家族で温泉」や「公用車で別荘」なんて取るに足らないどうでもいいことだと思っている。最近、騒がれている鳥越の女性スキャンダルも角栄に比べれば子供以下の話。だが猪瀬の「5000万円借用疑惑」はダメ。もちろん角栄の「ロッキード」もダメ。甘利の「UR問題」もダメ。◆外科医が外科手術の能力で判断されるように、政治家もその政治手腕、政治能力で判断されるべきだと思っている。それ以外のオンナの問題なんて些末な事。だが「個人的にカネをもらおうと権力をかざす」「カネをもらったから方針を変える」 これだけはあってはならない。厳罰に処すべきだろう。◆たしかに角栄はとても魅力的な男だったのだろう。だが、カネをもらって国防のための飛行機の機種を決定しようとしたことの罪は大きい。最近の角栄ブーム、私には理解できない。 

... 続きを読む

コメント (0)

2016年07月27日 ---- ボス

潔癖を求め過ぎ?

boss-5

あなたが歯医者に診てもらうとき「脱税しているとの噂があるがすこぶる腕の良い歯医者」を選ぶか「誠実な人柄だが医療技術の未熟な歯医者」を選ぶのか? あなたの家族が癌の手術をするとき「女ぐせが悪いと評判だが、癌手術の実績が多い医師」に執刀をお願いするのか「実直な人柄だが癌手術の経験は全くない医師」に執刀を依頼するか? ◆選挙戦が近づくとよく話題になる議論だが、なぜか最近は聞かなくなった。「誠実・実直な人柄であること」がすでに政治家の第一条件になってしまったようだ。すくなくとも選挙時には完璧に「誠実・実直な人柄であること」をアピールできなければ当選しない。医者には「人柄」よりも「腕」を求めるくせに、政治家には「政治家としての能力」よりも「人柄」を求めるようになった。◆ところが残念なことに「できるオトコ」「できるオンナ」には「叩けばホコリが出る人」が多い。私は「叩いても、なんのホコリもでない奴なんて魅力ない」とすら思っている。「誠実・実直」な人は隣の住人としてはありがたいが自分の主人や部下としては「さて仕事はできるの?」と不安にすらなる。◆舛添さんの「家族で温泉問題」や鳥越さんの「12年前の女性スキャンダル」、都知事としての政治能力とは大きく関係ない。◆マスコミが中心になって政治家の「アラ」を探し、「アラ」が見つかると政治家として生きていけなくなる。ずるい政治家はマスコミ対応だけ考えていれば当選を繰り返す。脇の甘い政治家は政治手腕と関係なく放逐される。どこかおかしい◆一方で「田中角栄ブーム」が再燃している。最近の有権者が最も嫌う、「カネとオンナ」のスキャンダルに関しては歴代政治家の中でも図抜けた実績のこの政治家が今、持てはやされているのだ。◆日本人よ、いったい我々は政治家になにを求めているのか、冷静に考えなければならない時期じゃないの?

... 続きを読む

コメント (0)

2016年07月25日 ---- ボス

厳しすぎるのか? (2)

boss-5

週末、大学時代の友人たちとゴルフコンペを楽しんだ。九州大学「土木工学科」出身の仲間。みな、現在も「土木」の関連する会社で働いている。◆ハーフが終わってレストランに入ると一組前でプレーしていた3人が既にビールを飲んでいた。白い美しいテーブルクロスの上に汗にまみれた3つの帽子が置いてある。レストランの入り口に帽子掛けがあるのに、彼らはテーブルの上に今までかぶっていた帽子を放り出してビールを飲んでいたのだ。私はそっと近づいて「おいおい、こういうもんはせめてイスの上に置きましょうよ」と言いながら汗まみれの帽子を、空いているイスの上におろした。「すいませんねえ」と彼らはにこやかに応えた。◆私の組の4人は彼らの隣のテーブルに着席した。もちろん私の組の者はみな入口脇の帽子掛けに帽子をかけて入室した。食事を終え、前の3人のスタート時刻が近づいた。ふと彼らの方を見ると3人ともすでに帽子をかぶっている。着席したまま帽子をかぶり、伝票にサインしながら話をしていた。見かねた私はまた彼らに近づいて冗談ぽく話しかけた。「ちょっとちょっと、ここは名門ゴルフ場ですよ。レストランの中で帽子は遠慮してください」◆彼ら3人は「そうでしたねえ、すいません。厳しいなあ」と言いながら私の指示に従ってくれた。私は幹事である。コースやメンバーさんに失礼があってはならない。マナーに欠ける彼らへの注意は当然のことと思っている。◆帽子を取って、午後のラウンドに向かいながら、彼らの一人がつぶやいた。「キノシタさんは厳しいなあ。会社でもそうなんやろうね。部下の人たちは大変やろうね」

... 続きを読む

コメント (0)

2016年07月22日 ---- ボス

厳しすぎるのか?

boss-5

車で出勤するときは娘が助手席に乗っていることが多い。彼女は私の会社がある新橋まで同乗し、そこから「ゆりかもめ」に乗り換える。今朝も助手席に座っていた。私は機嫌が悪かった。「父さん、怒ってるの?」と聞いてきた。「うん、ちょっとね」と返した。娘に対して怒っていたわけではない。◆娘と一緒に自宅を出ようとしていると玄関で家人が「あら、スーツの背中、しわがすごいわ。アイロンかけましょう?」と聞いてきた。アイロンを待つ時間はない。娘も待っている。「なんで今ごろ?」と腹が立った。「もういい」とだけ言って娘と一緒に玄関を出た。今日から一泊出張。私は今日、明日と背中にしわの残るスーツを着なければならなくなった。◆助手席の娘は「母さんの責任だけじゃないでしょ。しわくらい、いいじゃない」と家人を擁護する。「いや、母さんの責任でしょ、父さんのスーツを用意するのは母さんの担当なんだから。専業主婦なのだから、そういうことだけはキチンとやんないとね!」私は不愉快そうに応えた。「九州の男をダンナにすると大変ね。うちの会社の上司たちはスーツのアイロンかけは自分でやっているよ、奥さんが専業主婦でもね」ウンザリした声で娘が言う。私はさらに腹が立った。「九州の男とかじゃないんだよ。自分がやるべきことはキチンと責任を持ってやる、それができないとダメなんだよ」◆しばらく沈黙が続いた。娘がポツンと言った。「父さんの部下の人たち、大変でしょうね」

... 続きを読む

コメント (0)

2016年07月29日 ボスの
スケジュール
  • 午前金沢から東京へ移動
  • 午後「これからのヘリポート」検討
  • 夕方銀座 『吉平』 にて会食
2016年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
« 6月    

カテゴリーリスト