2018年10月18日 ---- ボス

すさまじいリーチ

boss-c

先週末、東京ヘリポートにある某社屋上で開かれたバーベキュー大会に招待された。我が社からは5人が参加した。パイロットや整備士、事務の方々や航空関係の役員の方も参加されていた。和やかなムードで楽しくお酒とお肉を楽しんだ。歓談が盛り上がってきたところでビンゴ大会が始まった。数字を読み上げること、10回目あたりから例によって「リーチ!」の声がかかる。私もめずらしく順調に開きダブルリーチとなった。そこからが長い。◆ふと隣を見ると当社の明るい営業マン、安クンがブツブツ言っている。「どうしたんだ?」私が訊くと「いっぱいリーチがかかっているのに最後の数字が来ないんです」とニコニコしながら答えた。「オレだってダブルリーチだぜ」というと「僕はそんなもんじゃありませんよ」と言って自分のカードを見せてくれた。(写真) なんとダブル、トリプルどころか8つもリーチがかかっている。それでも結局最後まで安くんが「ビンゴ!」と手を挙げることはなかった。残念。

... 続きを読む

コメント (0)

2018年10月18日 ---- ブログ

マナティ

boss-c

ここ10年で10回沖縄へ行った。仕事もあればゴルフ旅行もある。10回の沖縄訪問で6回「美ら海(ちゅらうみ)水族館」へ行った。実に美しい水族館。私は喫茶コーナに入り巨大な水槽のすぐ脇に席を取る。コーヒーを飲みながら、雄大に泳ぐマンタやジンベイザメをわくわくしながら眺める。マンタとジンベイザメとコーヒーを楽しんだら私は本館を出てマナティ館へと向かう。そして30分間近く、ぼーっとマナティを眺めている。癒される。「新橋の会社の近所にマナティ館があれば、疲れた時に立ち寄ってぼーっとマナティを眺めるのにな」そんなことを思っていた。◆昨日、待ち合わせで銀座の東急プラザに立ち寄った。なんとその東急プラザの2階に「マナティ館」がオープンしていた。私は嬉しくなって30分間もマナティを眺めていた。この「マナティ館」には残念ながら本物のマナティはいない。だが大きな水槽に数頭のマナティが優雅に泳いでいる。三菱電機がハイテクで作り出したマナティ。聞くと鳥羽水族館をイメージしているという。◆私と同じようにマナティを見て癒される人は意外と多いようだ。あと1か月くらいはやっているようだ。皆さんも是非、足を運んでハイテクのマナティと遊んで、癒してもらってみて欲しい。

... 続きを読む

コメント (0)

2018年10月16日 ---- ボス

スーツケース

boss-4

「そろそろ親に頼らない生活を始めようかと思うんだ」数か月前、息子が言い出した。「いいことだ、オレもキミに『そろそろ家を出たほうがいいじゃないか』と言おうと思ってたところだよ」私は笑顔で応えた。そうして9月の終わり息子は出て行った。◆「27年間お世話になりました。お礼に食事会をしましょう。もちろん僕の奢りです。都合の良い日を教えてください」息子からメールが届いた。私は「10月14日にしましょう。」と返信した。ちょうど都合がよかった。私は10月14日に彼を誘いだそうと思っていたところだったのだ。家族のだれにも教えなかったが10月14日は彼が産まれてちょうど10000日目の記念日だった。私は彼の給料では買うことができない少し高級なスーツケースをプレゼントした。出張に、プライベートに、大いに利用してもらいたい。スーツケースのキズと彼の経験は比例する。◆スーツケースを渡し、私は彼に一言注意した。「そのスーツケースをJALやANAで預けようとするとCAが『カバーをおかけしますか?』と聞いてくるだろうが『いえ、結構です』と答えろよ。キズがついたら困るようなスーツケースなんて人様に迷惑をかけるだけだ」。彼は素直にうなずいた。「ありがとう。お世話になりました。家は出ましたけどこれからもよろしくお願いします。僕もスーツケースにカバーをかけるようにお願いしているオッサンたちには腹立ってました」笑顔で頭をさげた。

... 続きを読む

コメント (0)

2018年10月15日 ---- ボス

海外から学ぶ

boss-2

ジュースの自動販売機の会社だったホシザキの社長が若いころ米国出張に行き、あちらの国では製氷機が使われていることを知った。「日本ではうちがやろう!」そう思って彼は熱心に勉強し日本製の製氷機を開発した。今では国内70%、世界25%の製氷機の製造会社になった。◆ユニチャームの前社長も若いころ米国出張に行き、あちらの女性がスーパーで生理用品を大量にカゴに放り込む姿を見て「やがて日本もこんな時代になる」と直感し生理用品の開発を急ぐ。当時我が国の女性たちは薬局でこっそりと生理用品を求めていたという。今ではユニチャームは日本でもアジアでも圧倒的なシェアを誇っている◆アメリカやヨーロッパにはいろいろなヒントが転がっている。同じものを見て「これは仕事に繋がる!」と気付く人とボーっと見ているだけの人がいる。◆当社の職員も毎年何度となく視察出張やビッグサイト等の展示会に出向く。「なにかヒントになるものはないか?」「どこかにチャンスを見いだせないか?」彼らは真剣にモノを見ているのだろうか。 とても気になる。残念ながら「これの開発を当社でやりましょう」という提案を社員から受けたことが一度もない。我が社には、好奇心や負けん気がそれほど強くなく「現状でいいや」とのお坊ちゃんが多いのだろうか◆ホシザキやユニチャームの、米国に学んだ商品開発の話を聞き、この話を社員たちに教えて彼らも奮起するよう促そう。そう考えていて、ふと思った。「そういえばオレだって米国出張時に、あちらの病院ヘリポートがアルミでできているのを知って『日本ではうちがやろう!』と思ったんだったな」と。

... 続きを読む

コメント (0)

2018年10月19日 ボスの
スケジュール
  • 午前机回り片付け その後 福島県浪江町へ
  • 午後浪江町役場訪問 その後 日光へ
  • 夕方日光紅葉ゴルフリゾート泊
2018年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
« 9月    

カテゴリーリスト