2016年09月28日 ---- ボス

傲慢になってはいないか?

boss-3

年齢(とし)のせいだろうか?あるいは少しゆとりが出て、周りを見回すことが多くなったからなのだろうか?最近、腹が立つことが多くなった気がする。怒ることが多くなった。◆我が社の社員には常に「道徳と義理」を心がけることをお願いしている。私個人的にもそれが「最も大切な軸」と考えている。「道徳」とは言い換えれば「思いやり」であり「気配り」のことだと理解している。◆「なぜもう少し相手の気持ちになって考えない?」「自分さえ良ければいい、なんて行動をなぜするんだ?」「あなたが(誰かに)そう言われたら、あなたが(誰かに)そうされたらイヤじゃないのか?」・・・電車の中でも、ゴルフ場の駐車場でも、新橋のSL広場でも、腹が立つことばかり。そしてオフィスの中でも・・・。「なぜアイツはそんなに気が利かないのか?」「なぜ彼は、問題に気付かないのか?」「彼は、どうしてそんなに甘いのか?」「どうしてそんな言い方しかできないのか?」・・・自分が彼らの年齢の時にはできた。かつての自分と比較している。◆気の利かない他社の営業マンにも怒る。先日も某保険会社のセールスレディに対して思わず大きな声を出した。彼女は一所懸命にアタマを下げていた。もちろん私は間違ったことを言っているわけではない。向こうが悪い。悪いのは先方であるが、それにしても・・・。怒ってしまうとこちらも後味が悪い。◆「果たして本当にオレが彼らの年齢の頃、あのような失敗はしなかったのだろうか?」「あの保険のセールスレディ、確かにミスったけど、そこには全く悪意はなかったじゃないか」・・・◆「怒るということは、実は、オレが傲慢になっていることの現れなのではないか?」 心配になってきた。 「正論だから言っても良い」ということではない。社会はファジイだ。 完璧を求めすぎると窮屈になるばかりかもしれない。 ゆっくり反省してみよう。

... 続きを読む

コメント (0)

2016年09月28日 ---- ボス

どうにかならないか、勧誘電話

boss-5

「野村證券以外の証券会社は繋がないで」と秘書にお願いしている。勧誘電話があまりにも多く煩わしい。証券の窓口だけでも一つにしたい。しかし・・・・◆手書きの、それも毛筆の封書が何通も届く。多くは野村證券の新入社員からのものだ。簡単な自己紹介文のあと、是非一度お会いしていただきたい、などと書いている。野村證券の新入社員研修で指導されるのだろうか。最近は他の会社の新入社員からも届くようになったこの野村恒例の悪習、なんとかならないのか。下手な毛筆文字で一所懸命に自己アピールを書き、その封書が先方に届いたころに電話をする。私はこの野村証券の新入社員たちが可哀そうでならない。自分の息子、娘にはそんな仕事をさせたくはない。しかしそれも立派な社会人となるための最初のハードルなのだろうか?◆名案を思いついた。野村證券のどこかの窓口と付き合いを始めればもうこのような毛筆の手紙を受け取ることはなくなるのでは・・。私が心を痛めることはなくなる。知らない私に向かって慣れない筆を持つる若者を何人か救えるような気持になった。そうして野村證券の新橋支店との付き合いを始めた。2年近く前のことだ。担当のF君は絵に描いたような好青年。誠実で爽やかで一所懸命なF君に私は協力したくなった。きっと他の支店の新入社員たちもF君同様に頑張っているのだろう。私はF君と、その他の若者を少し助けることができたかな・・・などと錯覚をしていた。◆私の目論見と異なり、野村證券からの案内は一向に減らない。「野村証券以外の証券会社は繋がないで」と秘書にお願いしているが毎日複数の野村證券から電話がある。「野村證券さんです」と回ってきた電話に出てみると「野村證券〇〇支店の△△と申します。JR九州が上場するのですがそのご案内の電話です。」などと話し始める。私はうんざりする。◆大野村證券! それくらいの顧客情報共有管理はできないのか!こっちの身になって考えてみろ! F君に文句を言ったが昨日もまた野村證券から電話が2本あった。

... 続きを読む

コメント (0)

2016年09月27日 ---- ボス

コミュニケーション能力のない部下たち

boss-5

「社長にお声掛けするのを忘れていました。今日、〇〇さんの歓迎会をするのですが、社長も来られますか?」と聞かれた。大切な中途採用者〇〇クンの歓迎会だ、参加しないわけにはいかない。だが、その聞き方はなんだ! ◆「(歓迎会に)社長も来られますか?」などという聞き方を、いい大人がしてくる。社会人としてどのような教育を受けてきたのか不思議でならない。情けない。なぜ「(ご都合が付くようでしたら)社長も是非、参加してください」と言えない? ◆「私は社員たちに嫌われているのだろうか?」「社員たちは歓迎会は社長抜きでのびのびとやりたいのだろうか?」・・・そんなことを考えた。そうかもしれない。きっとそうなのだろう。それにしても、だ。言葉使い、コミュニケーションの常識というものに欠けている。「(歓迎会に)社長も来られますか?」は敬語のようで実は全く尊敬の気持ちが伝わらない。◆私は返答に困った。一瞬の躊躇のあと「ああ、参加するよ」と答えた。◆コミュニケーション能力に欠ける部下が多い。教育し直さなければ・・・。社長の私に対してこのような配慮に欠ける言葉を平気で使って気付かない、ということはきっとお客様にも同様な不愉快な思いをさせているのではないのだろうか?心配だ。

... 続きを読む

コメント (0)

2016年09月27日 ---- ボス

「土盛りをしなかった問題」っておかしくないか?

boss-2

築地市場を豊洲に移転する工事において、いつのまにか当初予定と異なる工法で工事が行われていた。東京都民としても日本国民としても大いに関心、興味のある事件だ。先日もこの欄で書いたが、この事件に関するマスコミの報道姿勢がおかしい。私が理解するに、問題は「いつのまにか当初予定と異なる工法で工事が行われたこと」であるのだがマスコミはこれを「盛土が行われなかった問題」として取り上げる。土木の専門家にはコメントを求めず、タレントや素人議員やせいぜい建築エコノミストらに意見をきいて「けしからん」と言うばかり。まるで「盛土をすれば安全だったのに、コンクリートじゃ不安全だ!」と決めつけている。◆前回も書いたが「2.5mの盛土」よりも「コンクリートの箱(専門用語ではボックスカルバート)」の方が安全であると私は思っている。是非、土木の専門家の意見を聞きたい。◆いまマスコミから情報を仕入れているほとんどの国民は「盛土をすれば安全だったのに、コンクリートじゃ不安全だ!」と間違えた意識を持っている。大学で土木を学んだ連中でも、自分のアタマで考えないことに慣れてしまったヤツはマスコミの報じるままに「けしからん」と怒る。◆もう一度言う。「盛土をすれば安全だったのに、コンクリートじゃ不安全だ!」などということは決してない。おそらく盛土よりもコンクリートのボックスカルバートのほうがカネがかかる。誰かの利害関係がありコンクリートのほうが好都合なヤツがいたのだろう。◆問題は①「なぜ、誰が、土盛りじゃなくてカネのかかるコンクリート工法にしたのか」ということ。もう一つは②「なぜ完全なボックスカルバートにしなかったのか?」ということ。土木の知識が少々ある私は②の問題に興味がある。◆くどいが、念を押しておく。「盛土なら安全で、ボックスカルバートは不安全」などということはない。

... 続きを読む

コメント (0)

2016年09月30日 ボスの
スケジュール
  • 午前秋のお客様感謝パーティー企画
  • 午後ヘリポート漫画広告仕上げ
  • 夕方「光が丘興産(株)」創立60周年パーティー
2016年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
« 9月    

カテゴリーリスト