2016年08月29日 ---- ボス

ゴルフ界、新星現る?

boss-b

先週土曜日、ゴルフ場へ向かって運転しながらラジオを聴いていた。車の中で、私はFMよりもAM局の放送を聴くことの方が多い。その朝は生島ヒロシさんがナビゲーターを務める「サタデー一直線」を聴いていた。話題がゴルフになった。◆男子ゴルフ:RIZAP・KBCオーガスタのことを話し始めた。「RIZAP」がスポンサーだから語り始めたのかもしれない。私はエアコンの風力を下げ、ノイズを減らし、耳を傾けた。前日、私が応援する石川遼クンが久しぶりに首位発進していたためだ。二日目が終わっても遼クンは首位をキープしていた。「良かった。このまま最終日までトップで行けよ!」 そう遼クンを応援していた。だが生島さんは遼クンの活躍を簡単に伝えたのちに「この大会、素晴らしい活躍を見せる高校生が登場したのです」と話し始めた。「この高校生は二日目を終わって、首位の遼クンに2打差の4位につけているんです。もし優勝することになると遼クン以来の10年ぶりの高校生優勝という快挙なのです」ということだった。そして「この高校生は しみずたいせいクン と言います。しみず君は・・・」としみずクンのプロフィールを伝えていた。「いやあ、頼もしいですね。楽しみですね。名前も覚えやすいし、みんなで応援しましょう」と生島さんが言うとコマーシャルになった。◆私は「名前が覚えやすい?? なんて名前だったっけな?? ああ、しみずたいせいクンって言ってたな。しみずたいせい・・・どこが覚えやすいんじゃ?」 などと独り言を言っていた。ちょうどそのときクレーン車とすれ違った。工事関係車両を見て私はピンときた。「ああ、しみずたいせいクン、うん、なるほど覚えやすいな」 日本を代表するスーパーゼネコンの名前を苗字と名前に持つこの高校生「清水 大成」クンを建設業に関係する私も応援しようと思った。◆それにしても生島ヒロシ。私は生島さんが言う「覚えやすい名前」の意味が理解できたが 多くの聴取者は私と同様「どこが覚えやすいんじゃ?」と思っていたことだろう。どうですか?みなさん。 

... 続きを読む

コメント (0)

2016年08月29日 ---- ボス

神輿を担ぐ者、ぶら下がる者、担いでないのに担いでいる気の者

boss-a

経営に関して私の先生は、大陽工業株式会社の創業者であり社主であった故酒井邦恭さん。私は「酒井オーナー」と呼んでいた。酒井オーナーはいつも笑顔で、若い私に会うと必ず優しい言葉をかけてくれた。その酒井オーナー、経営の話になると厳しい顔つきに変わっていた。「経営は難しいよ。特に人。『企業は人』というけど本当にそうなんだよ。その『人』の管理が一番難しいんだよ」と話し始める。そして必ずこの言葉につながる。「神輿は重たい方がいい。その重たい神輿を社員みんなで一所懸命に担いでいる間は大丈夫。だけどねキノシタ、会社が少し大きくなると神輿の担ぎ手も多くなるだろ。そうなると、注意して見ていないと神輿を担いでいるフリをする奴が出てくる。ひどいときには神輿棒にぶら下がっている奴がいるよ。こうなったらすぐにその会社は終わっちゃうんだよ」◆実際に解雇していたのかどうかは知らないが、酒井オーナーは「神輿にぶら下がっている奴はすぐに辞めてもらうのが一番なんだよ。そうじゃないとその隣の奴までぶら下がり始めるからね」と話していた。この話を私は何度聞いたか知れない。◆酒井オーナーはもう一つ重要なことを教えてくれた。「キノシタ、お前さんは今、神輿の先頭に立って一所懸命に神輿を担いでいるよな。それでいいんだ。社員が少ないうちは社長が一番重たいところを受けなきゃな。でもな、少し人数が増えてきたらお前さんが神輿の先頭で担いでたんじゃダメになるよ。今度は神輿全部が見えるところに立ってぶら下がっている奴がいないかを見るのがお前さんの仕事になる。さあ、お前さんがそこまで行くのか、ゆっくり見物させてもらうよ」そう話すときには酒井オーナーはまた元の笑顔に戻っていた。◆「いつも同じところで悪いが、前のアスターでラーメンでも食べていけよ。ごちそうさせてもらうよ」優しく誘ってくれた。アスターというのはオーナーのいらした銀座オフィスの向かいにある中華料理店のこと。果たして今の私はどこにいるのか、社員みんなを見渡せているのだろうか。酒井オーナーはどこかで私の経営の様子を見物してくれているのだろうか。先週、木曜日、私は酒井オーナーの7回目の命日を、出張先の金沢の街で過ごした。ひがし茶屋町を歩きながら優しかった酒井オーナーを思い出していた。



... 続きを読む

コメント (0)

2016年08月24日 ---- ボス

私に付いてきたらメダルが獲れるなんて間違いよ!

boss-b

「私と一緒にやったらメダルを取れると思っていたら、それは違う。私に付いてきて、あなた方が何をするかなんだ。あなたたちが進化したら私はもっと前を知っているから、教えてあげる。常に後ろから来ているようじゃダメ。私を抜きなさい」・・リオオリンピックで日本女子シンクロスイミングを率いて銅メダルをもたらした井村雅代監督の言葉である。「私に付いてきたらメダルが取れるなんて思ってたら大きな間違いよ!」彼女が選手たちを叱咤する映像が流れる。まさに名コーチ、名監督。 選手たちはその監督を抜き、自分たちで工夫し、努力し、銅メダルを勝ち得た。長く低迷していた日本女子シンクロが復活した。◆「オレに付いてきたら大丈夫、少しずつ給与は増える、そんなこと思ってたらそれは違う。キミたちが何をするかなんだ!」 井村監督のように私も部下を叱咤する。「オレの指示したことをやっていれば定年まで安定した暮らしができるなんて思ってたら大きな間違いだよ!」私も言っている。さて当社の社員たちはやがてメダルが獲れるのだろうか? 私は名監督ではないが、井村監督の苦労はとてもとても理解できる。尊敬する。苦労が報われてよかった。

... 続きを読む

コメント (0)

2016年08月23日 ---- ボス

メダルの色と国民意識

boss-2

オリンピックのメダルは基本的に金・銀・銅の数は同じ。言うまでもなく1位に金、2位に銀、3位に銅のメダルが授与される。実際には一部格闘技で3位決定戦を行わないので、金銀メダルに比べるとほんの少し銅メダルの数が多い。銅メダルがほんの少し多いのだが最近の日本チーム、銅メダルが異常に多い。多すぎるのだ。◆今回のリオ五輪での金銀銅メダルの国別獲得個数は 米国「46.37.38」 英国「27.23.17」 中国「26.18.16」 ロシア「19.18.19」 ドイツ「17.10.15」である。不自然ではない。これに対してわが国は「12.8.21」と銅メダルが多い。(金メダルの数)+(銀メダルの数)=(銅メダルの数)。おかしくないか?◆4年前のロンドノリンピックでも、我が国の金銀銅の数は「7.14.17」と銅メダルが異常に多かった。本来、同数程度になるはずの金銀銅の数が最近は銅メダルに偏っているのだ。これはわが国民の、何らかの精神的なものが原因になっていると言えるのではないだろうか。因みに50年前の東京オリンピックでは金銀銅の数は「16.5.8」と金メダルが際立っており、続くメキシコシティでも「11.7.7」ミュンヘンでも「13.8.8」だった。この頃は、我が国選手は「1等賞」が「3等賞」よりもはるかに多かったのだ。◆ところが最近は「3等賞」が「1等賞」よりもはるかに多くなった。完全に逆転した。このことを指摘する報道に私は接したことがない。マスコミはなぜこのことを話題にしない?アホか?◆2009年、蓮舫議員が「事業仕分け」において、スパコン開発に関して「世界一になる理由は何があるんでしょうか?2位じゃダメなんでしょうか?」と問うた。今回のリオ五輪の最中に解散が報じられたSMAPは、ヒット曲「世界に一つだけの花」の中で「ナンバーワンではなくオンリーワン」と歌う。わが国民の多くが「1番じゃなくてもいいんだよ」と言っているみたい。◆「国が豊かになったのだ」と喜ぶべきところなのだろうか? 果たして我が国は米国、英国、中国、ロシア、ドイツよりも豊かだと言えるのだろうか?◆今回のオリンピック、銅メダルを取って「幸せです」と笑顔で答える選手たちを何人も見た。私は彼らに拍手を送りながらも違和感を覚えていた。そんな中、レスリングの吉田沙保里選手が決勝で米国選手に負けた。「たくさんの方に応援していただいたのに銀メダルに終わって申し訳ない。日本選手団の主将として金メダルを取らないといけないところだったのに、ごめんなさい」などと泣きながら話す彼女に私は心打たれた。銅メダルをもらって「幸せです」と言っている選手たちよりも、銀メダルで泣きながら「ごめんなさい」と言う吉田沙保里選手に、何倍も大きな拍手を送りたい。

... 続きを読む

コメント (0)

2016年08月29日 ボスの
スケジュール
  • 午前営業会議 広告宣伝会議
  • 午後接客 (来客多数)
  • 夕方直帰 (明日からのスイス出張準備)
2016年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
« 7月    

カテゴリーリスト